*SOUTHKOMA*ボルゾイ エリー坊!

*ボルゾイ* ホワイト&ブラックタンのエリー坊との徒然日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

瓢湖




" align=
白鳥の湖、瓢湖に行って来ました
時間が遅かった&天気が良かった&積雪が少なかったので、途中の田んぼに白鳥がわらわらいましたが…
想定内です。
瓢湖は飛べなくなった白鳥もいますので真夏でも白鳥を見られます。
冬は白鳥も沢山ですがカモが沢山
何カモかも分かりませんが、イロイロな模様を見ていると目の保養になります。
仕種もなかなか
丁度、3代目の白鳥おじさんのエサやりの時間で、なかなか凄い光景でした。
カモが群がり、白鳥が圧され気味。
カモの芋洗い状態の姿は壮観です。
ヒトの足元に落ちたエサを食べに来たり…害意がないことが分かっているんでしょうか
エリーはカモの多さに引き気味。
念のため、遠くから眺めていましたが、私が我慢堪らず、じわりじわりと近寄りました。
白鳥のエサも売っているので2袋購入。
白鳥にあげるには2袋必要です。
1袋目はカモに。
白鳥は、ヒトが敵意がないのを用心深く眺めてからゆっくりゆっくり近寄って来ます。
飛び方が、ヘリコプターのように垂直に飛び立てたり着水出来るカモと違い、白鳥は助走が必要ですから、すぐに逃げられないからと私の考え。
本当にゆっくりゆっくり…2袋目でもほとんどがカモが食べましたし、近寄ってきた白鳥は1羽。
よほどの度胸か
でも食べるの遅~い
良く言えば「優雅」ですけどね。

クジャク舎に行ったら、エリーを見にクジャクがワラワラ
寒さ対策なのか、ネットが張ってあり、見え難かったです。
クジャクの暇つぶしになったかな
エリーはクジャクに気付いていなかったようです。
見せようと、立ち上がらせたら更にクジャクがワラワラ
怖くないのか
スポンサーサイト
  1. 2013/03/03(日) 10:56:06|
  2. 未分類
  3. | コメント:2
<<写真屋さん | ホーム | 朝から>>

コメント

こんばんは~

白鳥の餌付けはどうでしたか? 瓢湖でも白鳥よりカモが先にエサを食べてしまうようですね(笑)
カモのイモ洗い状態は笑える光景ですね!(^^)!

瓢湖では犬連れがOKなのですか?こちらでは犬には遠慮していただいています。
あと、餌付けですけれど 御宝田遊水池ではカモ用のエサを販売していますが、白鳥湖の方は一般の人の餌付けはカモ・白鳥ともに禁止されています。
場所は近くで白鳥も行き来しているのに管理者が違うとやり方にも違いが見れます。
(御宝田遊水池と犀川白鳥湖の2か所の越冬場所があります。3キロぐらいしかはなれていません)
  1. 2013/03/05(火) 14:25:53 |
  2. URL |
  3. パールパパ #sSHoJftA
  4. [ 編集 ]

パールパパさんへ

沢山いるカモの中に珍しいカモがいることがあるらしいですが、私、さっぱり分かりませんでも綺麗だし、仕種が可愛いです
瓢湖は白鳥の餌付けに成功した所で有名なので、それを含めてラムサール条約に登録されたんだと思っています。白鳥のエサも売っています&今季白鳥おじさんが復活しました。
遊歩道は、普段から近所の人達がの散歩をしているというので、OKなのかも知れませんが、この時期、水鳥のために遊歩道が一部通行止めです(夏にオオハクチョウの井戸端会議に鉢合わせたルート)
瓢湖と同じくラムサール条約に登録された福島潟(オオヒシクイの飛来地で有名)は禁止ということなので行ったことはありません。
佐潟も白鳥などの飛来地ですが遊歩道は普通に散歩していますよ餌付けはしていませんが。
升潟という池のカモは、こまがいるのに足元に群がって来たこともあります。置物と勘違いした
  1. 2013/03/05(火) 15:09:30 |
  2. URL |
  3. こま姉(エリー姉) #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。