*SOUTHKOMA*ボルゾイ エリー坊!

*ボルゾイ* ホワイト&ブラックタンのエリー坊との徒然日記です。

おっかねかった(>_<)


今朝の早朝散歩の終盤。
エリーが、いつも通り近所の高台にある公園で景色を眺めていたら、下の歩道をゴールデンがやって来ました。
以前、鉢合わせをしてエリーを追い詰めたことのあるです。
ま、通過して行くでしょうと楽観していたら、
ゴールデンがエリーに興味を示し、やって来ました。
道じゃない斜面を登って来て…
飼い主のオジサンは「飼い主」というより「付き添い」
の好きにさせています(うちの母も似たようなものなんだろうな)
柵越しなら大丈夫かな。と距離をとったら、オジサンリードを離しやがりました
当然、ゴールデンは柵を潜り、エリーに一直線
唸っているし
腕を伸ばしてゴールデンの首根っこを引っつかんで
「なんで離すんですか」
と、抗議したら
「うちの犬は大丈夫だ」
って
なんですと
「唸っているしそれにうちの犬は大丈夫じゃありません」
と言ったら、引き返してくれました。
「そんなことないよ」と無理矢理近付けてくる飼い主さんもいるのでホッとしました。
しっぽを高く上げて、明らかに「俺様」な雰囲気なのに分からないかな
因みに尻尾を振っているからという訳でもありません。過去にそんなに噛まれた人もいます。

エリーは私の後ろに小さく座って隠れていました。
この姿、ランの仲間には見せられません


何年も昔のことですが、小型犬の飼い主さんが「うちの犬は大丈夫だから」
と公園でノーリードにさせていて、大型犬に近付き
「うちの犬は大丈夫ですから」
と言った瞬間、噛み殺された。という事件がありました。
小型犬は即死だったそうです
片方が良くても、両方が良くなきゃダメなんですよね

リードは命綱。
リードから放すランでは諸々の危険が伴います。
危険だけれど、走らせたいそんな葛藤がないわけではありません。
とりあえず、エリーがガウして噛み付くことないように、危険がありそうならエリーにマズルガードをしています。
エリーに悪いけれど、加害者より被害者がまだいいしね。
後々怨まれたくないし


でも、今朝は本当におっかねかった(怖かった)
スポンサーサイト
  1. 2013/05/10(金) 12:53:52|
  2. ボルゾイ
  3. | コメント:4
<<お泊り前夜の | ホーム | 我ながら…>>

コメント

こま姉さん!すごい

パリスならガウってケンカになるかもしれない

  1. 2013/05/10(金) 12:18:51 |
  2. URL |
  3. パリスまま #-
  4. [ 編集 ]

パリスままさんへ

たまたま捕まえられて良かったです。
唸っていたので、下手をしたら私も噛まれていたかも知れないし
エリーが目一杯逃げていたので距離が稼げたのもラッキーでした近付き過ぎてエリーがガウしたら、なかなか止められない喧嘩になっていただろうしも人も無傷ではいられなかったかも
  1. 2013/05/10(金) 14:31:53 |
  2. URL |
  3. こま姉(エリー姉) #-
  4. [ 編集 ]

こま姉さん、ゴルさんをよく捕まえる事ができましたねぇ。
エライ!!
大概の人は噛まれるかと思ってワタワタするし。
「うちの犬は大丈夫ですから症候群」・・・
ちっとねぇ(・・
  1. 2013/05/11(土) 00:41:37 |
  2. URL |
  3. スノー父 #-
  4. [ 編集 ]

スノー父さんへ

何がなんでも止めなきゃとひっつかみました本当にラッキー。
ゴールデンは、エリーが良くランで遊んで貰っている犬種なので、基本ヒトには危害を加えないはずなので…って、本当に何も考えなかったです。後になって、もしかして私も危なかったって思ったくらいです。
  1. 2013/05/11(土) 02:31:48 |
  2. URL |
  3. こま姉(エリー姉) #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する